美容師の神対応

美容師の神対応

確かにお金を持ち合わせていない、というのはお客さんのミスです。ですがよほどのことが無い限りわざとお金が足りない状況を作っているお客さんなんていないと思います。特何百円だけ足りない、という状況はたまたま起こってしまう事が殆どです。お客さんから「お金が足りない」と言う申し出があった時、恐らく美容室のスタッフの方もためらってしまうと思いますが、一番考えなくてはいけないのは「お客さんに恥をかかせない」と言う事ではないでしょうか。もちろん美容室の経営の立場から言えば、なんとしても代金を回収する事が最優先であろう、と思われるかもしれません。ですが美容室にとってはその人が大切なお客さんであることも確かです。そのお客さんに何百円の事で悲しい顔で帰ってもらうような事は、美容室としてはするべきではない、と思いますね。たとえば「近々クーポンを発行する予定なので先に使った事にしておきますね」とか「このメニューを割引したことにしておきますね」と、お客さんに足りない分を支払わなくても済む方法を提示する事が一番の神対応だと思われます。勿論それは美容室が損をしないような形であるべきですし、金額にもよります。ですがせっかくキレイになって気分よくなっているお客さんに最後の最後で悲しい思いをさせるのはとても残念なことですよね。美容室にとってはお客さんがお金を払ってくれない、というのは大変な事態です。なんとしてでも回収しなくてはいけない、という事もあるでしょう。ですがお客さんがわざとお金を支払わない、という状況を作ったのでなければ、お客さんに悪意はなかったという事になります。つまりお客さんとしたらとても申し訳ない気持ちになっているはずなんですね。そんなお客さんに対してどのような対応をするか、という事は別の角度から見ると、その美容室の度量の広さと言うか、お客さんへの思いやりの様なものを試されていると言っても良いでしょう。お金が足りない状況になったお客さんとスタッフだけの空間ならまだ良いかもしれませんが、他のお客さんがいる前では、そのお客さんとのやり取りは他のお客さんの耳にも入ってしまう事になると思います。「あの美容室、数百円の事でものすごくお客さんの事怒ってたよ」という話が広まれば、立場が悪くなるのは美容室の方です。特にその相手が常連さんである場合、これまで何年もかけて信頼関係を気付いてきたにもかかわらず、その一度のお客さんのミスによって悲しい思いをさせたり、二度と来られないような恥ずかしい思いをさせてしまったりしたら大切なお客さんをううぃなう事になるでしょう。美容室 門前仲町 美容院 カット パーマ ヘッドスパ メンズ 安い 口コミ