家族や知人に連絡と取る

家族や知人に連絡と取る

美容室の会計でお金が足りない、と気付いた時にはどうしたらよいでしょうか。もちろん最終的にはなんとしてでも支払いをしなくてはいけないのですが、今お金が手元にない、というのは事実です。一番手っ取り早いのは、「すぐにATMで下してくるから待っていてください」ということかもしれません。ですがもしもその美容室へ来たのが初めてであるならば、美容室のスタッフが信用してくれないのではないか、という心配もあるでしょう。そういう時にはとにかく知人に連絡を取って持って来てもらう、というのが良いかもしれません。もちろんそれが可能になるのは、駆けつけてくれる事が可能なロケーションでなくてはいけませんけどもね。本当なら配偶者とか家族とか、というのが一番理想的かもしれませんが、一番近くにいて駆けつけてくれる人がいれば早く来てもらうのが良いでしょう。それならば美容室の人も安心して信用してくれるはずです。もちろん数百円の事でと思うかもしれませんが、払わなくてはいけないお金であることには変わりありません。知人にもお礼が必要になるかもしれませんが、信用を失う事を考えたら安いものです。おそらく美容室のスタッフは「後日でも構いません」と言うかもしれません。それでもその日のうちに何とかしておくことはその後の信用がちがってくると思いますね。もしも美容室で会計が足りない時に、誰かに持って来てもらう、という手段も難しい時には、ATMで下してくるとか一度自宅に取りに帰るとかといった手段しかなくなります。その時に一番心配なのは「美容室のスタッフが自分の事を信用してくれるかどうか」と言う事だと思います。もちろん支払う気があるから取りに帰ると言っているんだ、と言えるかもしれませんが、それはこちらの言い分であって、待っている美容室のスタッフにとっては「本当に返ってくるのだろうか?」「踏み倒す気ではないだろうな」などと色々と心配してしまう事でしょう。美容室とお客の関係は十分な信頼関係が成立していない事も多々あります。特に初来店の時にそのような事になった場合は、美容室側が心配する気持ちもわかりますよね。もちろんきちんと戻ってきて支払えばその懸念は払しょくされるわけですが、それまでに美容室に心配させないためにも何か「踏み倒さない」という証の品を預けておくのが良いのではないでしょうか。眼鏡とかアクセサリーとか少し値段の付く様なものが良いかもしれませんね。「そこまでしてくれた」という気持ちはおそらくその後美容室のスタッフに「このお客さんは信用できる」という気持ちを持たせることになると思います。岩槻 美容院