ストレスが美容や健康に悪いのは本当か

ストレスが美容や健康に悪いのは本当か

ストレスって本当に美容に悪いのかと疑問に感じている人もいるかもしれません。今ではストレスによる美容の問題や健康の問題は一般的に知られてきていて、それによる病気なども認められていますし、仕事をしている人もメンタルケアが必要といわれるようになってきています。しかしストレスによる影響というものが軽視されていた時代もあり、その名残からストレスで本当に体が悪くなるのか疑問に思っている人もいるようです。ストレスがたまると具体的には血液の流れが悪くなります。ストレスがたまると血管が収縮するためで、血液の流れが悪くなることで体全体に栄養が運ばれにくくなったり、代謝が下がりエネルギーが足りなくなってしまうこともあります。ただストレスに寄る血管収縮は一時的なもので、ストレスを感じなくなるとすぐに元に戻ります。ただストレスを長時間感じているとそれだけ血行不良の影響も大きくなり体全体にマイナスの影響が現れるようになります。ストレスは血管収縮だけでなく活性酸素の発生にも影響しています。活性酸素は若いときには酵素の力で分解されますが、年齢を重ねていき酵素の力が弱まると活性酸素がkらあに蓄積されていき肌の老化や病気を引き起こしてしまいます。活性酸素の影響は特に強いためストレスのかかる生活はできるだけ避けていくことが大事になります。ストレスによる影響は体全体に及ぶため、健康や美容のことを考えている人はストレス対策を考えて生活をしていくことが大事なのです。社会で生活をしているとストレスから逃れることはできません。上手にストレスを発散できる人はいいですが、ストレスをためてしまうタイプの人は少しのストレスで肌荒れに悩まされそれがさらにストレスとなってしまうという悪循環に悩まされている人も多いと思います。ストレスがたまるとなぜ美容によくないのでしょうか。ストレスがたまると血行が悪くなります。ストレスのたまった状態というのは交感神経の働きが活発になっている状態です。この状態では人間は緊張感を持ちやる気が出せる状態になっていて仕事をするときには最適な状態といえます。しかしストレスのたまった状態になると血管が収縮し血液の流れが悪くなります。血液は美容に必要な栄養などを運んでいるため血液の流れが悪くなると肌には十分な栄養が届かなくなってしまいます。肌は常に生まれ変わりを繰り返しているため、新しい肌を作るためには栄養が必要になります。血液によって栄養が十分に運ばれてこなければ肌は新しく生まれ変われずに古い肌がそのまま残ることになります。古い肌は水分が失われた乾燥した状態であるうえに肌としての機能も満足に果たせないため、その結果肌は乾燥していき傷みやすくなっていきます。ストレスは適度に必要となりますが、ストレスのかかった状態が長く続いていると肌には栄養がどんどんとなくなっていき、美容トラブルを引き起こすようになります。ストレスは長時間溜めないようにすることが美容に取って重要なことなのです。三軒茶屋 美容院