若さを保つ女性ホルモンを維持しよう

若さを保つ女性ホルモンを維持しよう

女性の肌は女性ホルモンの働きによって支えられています。女性の体は10代半ば位から女性ホルモンの分泌が盛んになり、20代半ばでピークを迎えます。そして20代半ばから60代手前まで減少を続けていき、還暦を迎えるとほぼ分泌は止まってしまいます。女性にとって若さと美しさは20代ですでに終わってしまうことになります。女性ホルモンのピークを迎えたら後は老化するだけなのですが、この老化スピードは遅らせることができます。女性ホルモンの分泌量をできるだけ維持していくための生活スタイルを確立できればほかの人よりもずっと若さを維持しやすくなるのです。女性ホルモンの分泌量は若いときでも変化しています。無茶な生活をしていると肌は荒れやすくなりますし、女性ホルモンの分泌量にも影響が出てきてしまいます。睡眠時間の減少、偏った栄耀、無理なダイエットといったことが女性ホルモンの減少を加速させてしまいます。だからこういった生活しタイルをまずは改善していくようにしましょう。女性ホルモンのピークを迎える前から生活を正していくことが理想的になりますが、30代になってから生活を改善しても遅くはありません。30代はまだまだホルモンの分泌量も多いためその状態を少しでも長く維持できるようになると10年後の肌の状態はまったく違ったものとなります。年齢を重ねても若くありたいと考えている人は今から生活のスタイルを改善して女性ホルモンの分泌量低下を防ぐようにしていくといいですよ。女性ホルモンは若さを保ちたい女性にとってとても大切なものです。年齢をともに分泌量が低下していく女性ホルモンは日々の生活を見直すことで若さを維持しやすくすることもできます。特に食生活の改善を心がけてみるといいでしょう。食事での栄耀にとって一番大切なことはバランスです。人間の体にはさまざまな栄養が必要となるため豊富な栄養を取るように心がけましょう。ダイエットや健康のために脂質の取りすぎに注意している女性は多いと思いますが、脂質の過剰摂取を恐れるあまりほかの栄養が足りなくなってしまうということがあります。特に注意しないといけないことはたんぱく質の不足です。たんぱく質は肉の赤身に多く、脂質の過剰摂取を抑えたいがために肉を控えているとたんぱく質が不足してしまうこともあります。たんぱく質は肌の主成分となり、たんぱく質がないと肌を作ることができなくなります。古い肌が残り乾燥しやすくなって肌の廊下が加速してしまうことになるため気をつけましょう。野菜を中心に栄養を取れていれば大丈夫と考えている人もいるかもしれませんが、野菜ばかりの生活でもやはりたんぱく質が不足します。ビタミンやミネラルは美容に欠かすことのできない栄養ではありますが、それだけではいい肌になりません。カロリー制限のために栄養不足になることも女性ホルモンの減少につながります。偏った食生活ではなくバランスよく栄養を摂る食生活を目指してみてください。池袋西口 美容院