ウォーキングによる安眠効果

ウォーキングによる安眠効果

快適な睡眠は美容に一番大切な要素です。快適な睡眠=長時間の睡眠と思われがちですが、快適な睡眠というのは良質な睡眠のことで深い眠りにつき体がしっかりと休まる状態のことです。睡眠時間は4時間でも良質な睡眠をとることはできるため、睡眠を見直してみると美容にとっていい生活を送れるようになります。美容にいい睡眠を取るためにやるべきことはいくつもありますが、意外な方法としてウォーキングがあります。寝る前の運動は脳を興奮させてしまうため避けたほうがいいといわれていますが、散歩程度の速度で歩くようにするとそれほど脳の働きも活発にはなりません。夜中に静かな世界を歩いているとむしろ脳は落ち着くようになりリラックスしやすくなります。体温の上昇も本来ならマイナスとなるはずですが、ウォーキングで温まった体はそこまで熱をため込むわけではないためすぐに体温は下がっていきます。人間の体は体温が急激に下がることで睡眠に入ろうとするようにできているため、ウォーキングによる体温上昇は睡眠の妨げにはなりません。時間的な目安としては30分程度でも十分です。ゆっくりと歩き心が落ち着いてきていることを実感できたらすぐに帰ってきて寝るための準備を始めてみるといいでしょう。睡眠で疲れがうまく取れていないと感じている人は快適な睡眠をとれていないからかもしれません。寝る前にゆっくりと歩いてきて心を静めた状態を作ってから睡眠に入ってみると次の日も快適に過ごせるようになりますよ。ウォーキングはダイエットのために行っているという人が多いと思います、でもダイエット効果だけでなく美容効果も期待できます。ウォーキングでどんな美容効果を得ることが出来るのでしょうか。ウォーキングは有名な有酸素運動です。運動をしながら酸素を体に取り入れ効率よく脂肪を燃焼させることが出来ます。ダイエットのためには脂肪を燃焼させていく必要がありますが、激しいスポーツなどの無酸素運動では脂肪の燃焼が効率よく行えません。その点でウォーキングは有酸素運動のためダイエットに効果的ということになります。ウォーキングはなぜ美容にいいのかというと酸素を取り入れることが出来るからです。酸素は体の中で活性酸素となります。活性酸素は本来なら老化を引き起こし、出来るだけ体にためないようにすることが大事なのですが、有酸素運動は活性酸素への抵抗力を強め、活性酸素による老化を防ぐ効果があります。活性酸素は何かと悪者扱いされがちですが、免疫力を高め病気やウィルス、細菌に対する抵抗力を高める働きがあります。この効果が肌の健康を守り美容にもつながるというわけですね。生活習慣の乱れからターンオーバーのサイクルが狂ってしまったという人も有酸素運動をすることで整えることが出来ます。目安としては毎日30分程度のウォーキングが理想的です。仕事がある平日でも30分程度の時間なら作りやすいと思います。健康やダイエットのためだけでなく美容のためにウォーキングを始めてみるといいですよ。江古田 美容院